GitHub登録したけど何すればいいの?

はじめに

GitHubに登録できたけど、どうやって使うの?

っていうことが多々あると思うので、難しいこと解説せず、GitHubのリポジトリにファイルやディレクトリを登録(コミット&プッシュ)する一連の流れをまとめたいと思います。

流れを知る

GitHubを使うにはある程度の流れを知らないとできません…

手順としては以下の通りです

  1. リモートにリポジトリを作る
  2. ローカル上でファイル等を作成する
  3. ローカルで作成したファイルをインデックスに登録する
  4. インデックスに登録されたファイルをコミットする
  5. リモート上にコミットした内容を反映させる

いくつか専門用語も出てきているので実際に動かしながら解説します。

GitHubにリポジトリを作成する

まずはhttps://github.com/でリポジトリを作成します。

ログインしたら緑色でNewというアイコンがあるのでクリックしてCreate new repositoryを開きます。

Ownerownerはowner
Repository name作成したいリポジトリ名を入力
※今回はtestで登録します。
Descriptionリポジトリの説明を書く欄です。
特に必要ない場合は空欄で大丈夫です
Public/Privateリポジトリを公開するか否か
※最近公開しないが無料になりました!

他の設定は登録した後に変更できるので、今は無視します。

できたらCreate repositoryしましょう。

ここまでがリモートにリポジトリを作成する手順です。次はローカルにファイルを作成します。

ローカルにファイル作成

ローカルとか難しい単語に聞こえますが、自分のパソコンのことです。

自分のパソコン上にGitHubに登録(今はわざと登録って言ってます)したいファイル等を作成します。

すでに登録したいアプリ等がある場合は無視して大丈夫です。

今回はデスクトップ上にtestというディレクトリを作り、index.htmlというファイルを作成している状態です。

Desktop/test/index.html

Git操作をする

ここからいよいよGitの操作に入っていきます。

まだGitが入っていない場合は公式https://git-scm.com/downloadsから入れてくるか、各OSの環境に合わせて入れてください。

git init

まずはgit initコマンドをします。説明は侍エンジニア塾より

Gitのinitコマンドは、一言で言うと「リポジトリを新規に作成」するときに使用するコマンドです。

initコマンドを実行すると、現在のディレクトリまたは指定したディレクトリに「.git」というリポジトリを構成するディレクトリが作成されます。

.gitにはGitで使用するファイルが新規に作成されます。

そのため、既に存在するリポジトリをサイド初期化を行いたい場合にもinitコマンドは使用されます。

https://www.sejuku.net/blog/71268

では先ほど作成したtestディレクトリ上まで移動します。

※移動の仕方がわからない場合は調べてください。

移動できたら、そこで

git init

します。

できたら多分

Initialized empty Git repository in /xxx/xxx/xxx/

と表示されるはずです。

git add

次にgit addします。

git addはGitHub上に反映させるのに必要な準備みたいなものです。

git add .

addの後に空白を入れ 「.」をいれることで全てのファイルやディレクトリが追加できます。他にも一部だけ追加したい場合や変更されたファイルの変更を見たりなどの操作があるので知りたい方は調べてください。

先ほどgit init したことでインデックスというステージエリアが作られているのでgit addすることでそこにファイルなどを移動できます。

git commit

このコミットという操作は先ほどのgit add したファイルやディレクトリをリポジトリに記録する操作のことです。

コミットにはメッセージをつけることが出来ます。何を変更したのかなどを書くと良いでしょう。

今回は最初のコミットなのでfirst commitとメッセージをつけます。

git commit -m "first commit"

できたら試しにgit logと入力してみてください。

コミットしたメッセージなどが確認できます。

大事なのはこの時点ではリモート(GitHub)には反映されていないという点です。

リモートリポジトリに登録する

あともう少しなので頑張りましょう!(自分にも言ってる)

次はリモートとローカルを紐付ける作業です。

まずは一番最初にGitHubにリポジトリを作成するで作成したページに移動します。

そうしたら下記のページに行き着くと思うので、httpsからはじまるURLをコピーしてください。

できたらgit commitしたディレクトリに行きます。

移動したら下記のコマンドを入力するのですが、originの後に上記でコピーしてきたURLを貼り付けてください。

git remote add origin 上記でコピーしたURL

これでリモートリポジトリに登録することができました。

git push

後は登録したリモートリポジトリにローカルのディレクトリやファイル達を送る作業だけです。

その送る作業が git pushになります。

git push -u origin master

上記のコマンドを叩くと、ローカルでコミットした内容がリモートに反映されます。

できたらGitHubを開き、登録しているディレクトリのページに移動しましょう。

コミットしたファイルとコミットメッセージなどが表示されているのが確認できたら完了です。

他にはどんな機能が?

今回、行なった一連の作業は自分のディレクトリをリモートに反映させるまで紹介しました。

他の人が登録しているリポジトリをローカル持ってくるプルや、

平行して作業を行うブランチを切るといったことまでは紹介できなかったので、別の機会に書きたいと思います。

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です